乾燥肌にならないスキンケアをマスターしよう

投稿日:2018-11-12 更新日:

乾燥肌にならないスキンケア

乾燥肌にならないためには、毎日のスキンケアを正しく行うことが大切です。

 

洗顔、保湿ケアを見直すだけでも、肌が乾燥しにくくなります。

 

適したスキンケアをマスターして、乾燥しらずの肌になりましょう。

 

乾燥肌にならないスキンケアについてご紹介します。

 

今回は、肌の潤い不足の原因、正しいケア方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

乾燥肌にならない洗顔方法

 

洗顔をする時には、肌に不要な汚れや古い角質などを落としながら、肌に必要な潤いと皮脂を守ることが大切です。

 

洗顔料は肌を乾燥させる原因となってしまうため、マイルドな洗浄料のものを選ぶようにしましょう。

 

洗顔料を使う時間は1分程度にして、長く肌につけないようにしてください。

 

洗い流す時は、熱いお湯ではなくぬるま湯を使うようにしましょう。

 

メイクをしていない時には、洗顔料を使わずにぬるま湯で洗い流すだけにするのもオススメです。

 

洗顔をした後には、タオルで優しく押さえて肌に残っている水分を拭き取りましょう。

 

乾燥肌にならない化粧水のつけ方

 

洗顔後には、できるだけ早く保湿ケアを行うようにしましょう。

 

手の平に適量の化粧水を取ったら、両手の平をこすり合わせて化粧水を体温程度に温めます。

 

温まったら、肌を手の平で包み込むようにしてつけていきましょう。

 

目元や口元などの細かい部分は、指の腹を使って丁寧につけてください。

 

化粧水が足りなくなったら、少しずつ足していきましょう。

 

乾燥しやすい部分は、重ねづけするようにしてください。

 

つけ終わったらハンドプレスをして、肌に化粧水を押し込みましょう。

 

化粧水を肌にしっかりと与えて、不足している水分補ってあげてくださいね。

 

あなたの肌は敏感だと思いますか

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000029377.html

 

乾燥肌にならない乳液・クリームのつけ方

 

化粧水が肌になじんだら、乳液・クリームをつけていきます。

 

乳液・クリームをつけないと、肌につけた化粧水が蒸発してしまいます。

 

肌の水分を守るためにも、塗り忘れのないように丁寧につけましょう。

 

乳液・クリームも手の平で温めることで、肌になじみやすくなります。

 

化粧水と同じように、手の平と指の腹を使ってつけていきましょう。

 

乾燥しやすい部分には、重ねづけをするようにしてください。

 

最後に、ハンドプレスをして水分を肌に閉じ込めましょう。

 

乳液などをつける時には、肌を摩擦したり圧迫したりしないように注意しましょう。

 

肌のバリア機能を傷つけないように、優しくなでるようにつけてください。

 

保湿効果の高いスキンケアアイテムを、使用するのもオススメです。

 

毎日のスキンケアを丁寧に行うことで、肌が乾燥しにくくなりますよ。

 

体の中から乾燥を防ぐ!味方になってくれる食べ物は?

乾燥肌を防ぐ食べ物と食生活

 

乾燥肌にならないためには、食べ物に気を配ることも大切です。

 

食べた物が、肌をつくる元となっています。

 

肌の潤いを守ってくれる食生活にして、乾燥肌を防ぎましょう。

 

肌の潤いを守るのに役立つ食べ物

 

肌の潤いを守るのにオススメしたいのが、ビタミンA

 

ビタミンAには、皮膚や粘膜に潤いを与える働きがあります。

 

そのため、肌の乾燥を守ったり、バリア機能を高めたりする効果が期待できるんです。

 

ビタミンAは、レバー、ウナギ、さば、卵、乳製品、緑黄色野菜などに含まれています。

 

必須脂肪酸も、肌の潤いを保つのに欠かせない栄養素となっています。

 

必須脂肪酸は、肌にある潤い成分であるセラミドをつくる元となっているんです。

 

必須脂肪酸が不足すると、セラミドが不足して肌が乾燥してしまいます。

 

必須脂肪酸の中でも、美肌に効果があると言われているのが、オメガ3脂肪酸。

 

オメガ3脂肪酸は、イワシ、さんま、エゴマ油、アマニ油、くるみなどに含まれています。

 

肌質をアップして乾燥に負けない肌にする食べ物

 

乾燥肌にならないためには、肌のバリア機能を高めたり、肌のターンオーバーを整えたりすることが大切です。

 

肌のバリア機能を高めてくれる効果があるのが、ビタミンE。

 

ビタミンEには、抗酸化作用、血液の流れを促してくれる作用もあるため、肌のターンオーバーを整えるのにも効果的。

 

ビタミンEは、大豆、モロヘイヤ、アボガド、イクラ、ナッツ類などに含まれています。

 

肌のターンオーバーを整えるのにオススメなのが、ビタミンC。

 

ビタミンCには、抗炎症作用、抗酸化作用、コラーゲンの生成を助けてくれる作用などもあります。

 

ビタミンCは、アセロラ、キウイフルーツ、パプリカ、ブロッコリー、あまのりなどに含まれています。

 

乾燥肌にならない食生活

 

乾燥肌を防ぐためには、体に必要な栄養素をきちんと摂ることが大切です。

 

過度なダイエットをすると、肌に必要な栄養素が不足して乾燥を引き起こしてしまうことがあります。

 

バランスのとれた食事を基本にして、乾燥を防ぐ効果のある食材を程よくプラスするようにしましょう。

 

水分を十分にとることも大切です。

 

生活習慣や体型によって個人差がありますが、1日に2リットル程度の水分をとるのが美肌に効果的だと言われています。

 

水分はまとめて飲むのではなく、コップ1杯程度に小分けにして飲むのがオススメです。

 

食べたり飲んだりした物が、肌をつくっていることを忘れないようにしてくださいね。

 

生活習慣を見直して乾燥肌とサヨナラしよう

乾燥肌にならない生活習慣

 

乾燥肌を改善するには、生活習慣を見直すことが大切です。

 

今の生活習慣が原因となって、乾燥肌になってしまっている場合もあります。

 

肌の潤いを守る生活習慣にして、乾燥肌とサヨナラしましょう。

 

肌の潤いを失わないようにする

 

肌の潤いを奪ってしまう大きな原因が、乾燥した空気。

 

湿度が低いと、肌の水分が失われて乾燥してしまいます。

 

加湿器などを使って、湿度を調整するのがオススメです。

 

美肌に最適な湿度は、60%前後だと言われています。

 

汗をかいた時の処理も大切です。

 

汗をかいたままにしていると、汗が乾燥する時に肌の水分まで奪ってしまうんです。

 

汗をかいたら、できるだけ早く拭き取るようにしましょう。

 

入浴方法によっても、肌の水分を奪ってしまいます。

 

入浴は、38℃~40℃程度のお湯に、15分程浸かるのがオススメです。

 

肌のバリア機能を低下させないようにする

 

肌の乾燥を防ぐためには、肌のバリア機能を高めることが大切です。

 

肌への刺激が、肌のバリア機能を低下させる原因となってしまうことがあります。

 

衣類や寝具など肌に触れるものは、吸湿性が高く、肌にダメージを与えない天然素材がオススメです。

 

紫外線も刺激となってしまうので、紫外線対策をきちんと行うようにしましょう。

 

日焼け止めを使用することで肌が乾燥してしまうこともあるので、刺激が少なく保湿効果の高いものを選ぶようにしてください。

 

洗い流すのに強い洗浄力を必要とする日焼け止めは、洗う時に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

 

日焼け止めは、できるだけ簡単に洗い流せるものがオススメです。

 

ベビーやキッズ用の日焼け止めは、石鹸で楽に洗い落せるものが揃っています。

 

不用意に髪や手が触れないようにすることも大切です。

 

肌のターンオーバーを乱さないようにする

 

古い皮膚のままだと肌が乾燥してしまうため、肌のターンオーバーを促して新しい皮膚へと生まれ変わりましょう

 

肌のターンオーバーを整えるには、規則正しい生活をして健康な体と肌を目指すことが大切です。

 

中でも、質の高い睡眠をとることが効果的。

 

美肌になるために一番大切なのが、寝付いてからの3時間だと言われています。

 

この時間にぐっすりと眠ることで、美肌に効果的な成長ホルモンを多く得ることができるんです。

 

室内環境を整えたり、就寝前の過ごし方などを工夫したりして、入眠後に深い眠りをとれるようにしましょう。

 

ストレスも肌のターンオーバーを乱す原因となってしまうので、ストレス解消を心がけるようにしてください。

 

生活習慣を見直すことで、肌の乾燥を防いで美肌に近づくことができますよ。

 

肌の潤いを守るために実践したい3つのこと

 

皮膚科医である、マリナ・ペレドは次のように説明している。「乾いた肌は、より老化したように見えるわ。」 あなたが一晩中、十分に休息をとることができなくても、肌の潤いを保つために、ベッドに入る前にできることをマリナが次の様に提案している。

 

1.熱いシャワーを浴びるのをやめる

熱いシャワーのお湯は、肌にとって良い事はない。熱が肌を乾燥させてしまう。体温が一晩中上昇し続けるのと、湯の熱の二重の攻撃が、皮膚をカラカラに乾燥させてしまうため、特に、睡眠直前は避けることが重要。洗い流すことが必要? それなら、眠りに入る少なくとも1時間前にはバスルームへ飛び込んで!

 

2.加湿器を使用する

湿気の多い環境では、経表皮水分の喪失が遅くなる。だから、冬のような乾燥した時期や、乾いた気候の地域に住んでいるのなら、夜間は加湿器を稼働させて、空気に湿気を与え、最終的には水分があなたの肌へ戻るようにして。

 

3.角質除去を試してみる

不要な皮膚を取り去り、水分を吸収する製品では、前者は後者をより効果的にする。アメリカ版『ウィメンズヘルス』編集者達は、ニュートロジーナ レピッド リンクル リペア ナイト(Neutrogena Rapid Wrinkle Repair Night)を愛用している。このアイテムには、水分を皮膚に引き込むヒアルロン酸と、皮膚を剥離するレチノールが組み合わせて配合してある。

引用出典:アメリカ版『ウィメンズヘルス』から

 

 

乾燥肌関連記事

 

kayo

 

 



にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
バナー

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね。

-乾燥肌
-, , , , , , , , ,

Copyright© バイオ・ビューティー・ケア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.