Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダイエットちゅう,無理せず適度の間食がオススメ!

投稿日:

 

ダイエットにオススメしたい、間食方法

ダイエットをしていると、どうしてもお腹が空いてしまう時があります。

上手に間食を取入れることで、ダイエットの苦痛を減らすことができるんです。

ダイエットを無理なく行うためにも、間食の摂り方を工夫しましょう。

ダイエットにオススメしたい、間食方法についてご紹介します。

ダイエット中にオススメしたい間食の方法

お腹が空いていないのなら摂る必要はありませんが、お腹が空いている時には、間食を摂っても大丈夫。

ただし、間食の方法と内容に気を付ける必要があります。

間食は、食後2時間以上開けてとるようにしましょう。

食後2時間以内に間食をすると、食事によって上がった血糖値がさらに上がってしまいます。

そのせいで、余分な糖分が脂肪として蓄えられてしまうんです。

間食をする時には、食後2時間以上開けるようにしましょう。

 

ダイエット中にオススメしたい間食の内容

ダイエット中に間食するなら、カロリーの低いもの、血糖値が上がりにくいものがオススメ。

ナッツ類には食物繊維が含まれているため、血糖値が上がるのを抑えてくれます。

ナッツに含まれているポリフェノールには、脂肪の燃焼を助けてくれる効果もあります。

チョコレートも、間食にオススメ。

チョコレートにも、食物繊維とポリフェノールが含まれているんです。

チョコレートを選ぶ時には、できるだけカカオの成分が多い物を選ぶようにしましょう。

カロリーの低い、寒天、蒟蒻ゼリーなどもオススメです。

低カロリーや糖質オフのお菓子など、ダイエットにぴったりなお菓子がたくさん販売されています。

カロリーをチェックして、お菓子を選ぶようにしましょう。

間食のカロリーは、200キロカロリー以内に収めるのがいいと言われています。

全体のカロリーと計算して、摂り過ぎないように気を付けてください。

太らないおやつ

太らないおやつはこの4つ。「ナッツ」「ヨーグルト・チーズ・卵」「ビターチョコレート」「果物」

 

ダイエット中に間食をするメリット

ダイエット中に間食を摂ることは、悪いことばかりではありません。

程よく間食を摂ることで、食事を食べ過ぎるのを防いでくれます。

食事と食事の間が長く開き過ぎると、血糖値の下がりが強くなります。

そのままの状態で食事を摂ると、体が糖質や脂質を体内溜めこもうとしてしまうんです。

ダイエットは継続することが大切です。

我慢するばかりの辛いダイエットは、続けることができません。

間食することで空腹を和らげ、ダイエットに挫折するのを防いでくれます。

間食が、毎日の楽しみやダイエットの励みになることもあります。

上手に間食を摂り入れて、ダイエットに役立ててくださいね。

 

ガムを噛めば空腹を紛らわせられる?

ガムのダイエット活用法

 

ダイエットを成功させるには、空腹感を紛らわせることが大切です。

それに役立ってくれるのが、ガム。

ガムを噛むことで、空腹感を紛らわせることができるんです。

ガムのダイエット活用法についてご紹介します。

 

ガムが空腹感を紛らわせてくれる理由

空腹感を紛らわせてくれるアイテムとして人気を集めている、ガム。

ガムを噛むことで脳の視床下部にある満腹中枢を刺激して、空腹感を少し和らげてくれます。

噛んでいることで口さみしい状態を紛らわせ、空腹を気にならないようにしてくれることも。

ガムの甘味が気持ちを落ち着かせ、空腹感を紛らわせることができますよ。

ガムを噛むことには、他にもメリットがあります。

ガムを噛むと、唾液の分泌が増えるんです。

唾液には、食べ物の消化・吸収を助けたり、口腔内を清潔に保ったりしてくれる働きがあります。

ダイエットにガムを活用する場合には、空腹感を感じた時、口さみしく感じた時などに噛むのがオススメです。

食前、食後にガムを噛むと、食事を食べ過ぎるのを防いでくれます。

 

ガムの選び方

空腹を紛らわせるためにガムを噛むなら、ガムの選び方も大切です。

ガムは、シュガーレスのものを選ぶようにしましょう。

ガムは種類によってカロリーが違います。

シュガーレスガムの代表ともなっているキシリトールガムなら、一粒2キロカロリー程度となっています。

キシリトールはミュータンス菌が分解できないものなので、虫歯の原因となる酸が発生しません。

そのため、砂糖やブドウ糖などに比べて虫歯になりにくいと言われています。

虫歯の予防ためにも、シュガーレスでキシリトールのものを選ぶのがオススメです。

固さも種類によって違うため、自分が噛みやすいものを選ぶようにしましょう。

ダイエットに活用するなら、自分が好きな味のものを選ぶことも大切です。

自分の好きなガムなら、楽しくダイエットに役立てることができます。

 

ガムをダイエットに役立てる時の注意点

ガムを噛む時には、噛み方も大切です。

注意したいのが、左右対称に噛むこと。

片側ばかりで噛んでいると、左右の筋肉に差ができてしまい、顔が歪む原因となってしまいます。

歯や歯茎にダメージを与えないためにも、強く噛みしめるように噛まないようにしましょう。

噛み癖がある方も多いので、自分がどんな噛み方をしているのかチェックしてみてください。

慣れるまでは、意識して噛むようにしましょう。

ガムを上手に取入れて、ダイエットに役立ててくださいね。

kayo

 

 



にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
バナー

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね。

-ダイエット
-, , ,

Copyright© バイオ・ビューティー・ケア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.