Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

医療機関で行っている医療レーザー脱毛ってどんなもの?

投稿日:2019-02-01 更新日:

脱毛をする時に検討するのが、

医療機関で行っている医療レーザー脱毛。

医療レーザー脱毛は、確実に早く脱毛を完了したい人から

人気を集めている脱毛方法です。

ムダ毛を早くなくしたい!と思っている方には

医療レーザー脱毛がオススメ。

医療レーザー脱毛についてご紹介します。

 

医療機関で行われている医療レーザー脱毛ってどんなもの?

医療レーザー脱毛とは、黒い色素であるメラニン色素に

反応するレーザーを皮膚の上から照射する脱毛方法のこと。

照射したレーザーは毛根部分に溜めこまれ、

毛根部分にある毛乳頭という組織を熱の力で破壊します。

毛乳頭は、毛を生やす元となる毛母細胞に、

栄養を届ける役割をもっています。

そのため毛乳頭が破壊されると、

毛母細胞が栄養不足となって毛を生やせなくなるんです。

毛乳頭を破壊するには、毛と毛乳頭がくっついている必要があります。

毛は自然に生え変わりを繰り返しており、

成長期、退行期、休止期の3つがあるのですが、

毛と毛乳頭がくっついているのは成長期の毛だけ。

退行期、休止期の毛にレーザーを照射しても

乳頭を破壊できないため、また生えてきてしまいます。

できるだけ成長期の毛にレーザーを照射するため、

毛周期に合わせて1カ月半~2カ月の期間を開けて照射していきます。

毛周期は毛によって違うため、複数回の照射が必要になります。

脱毛効果には個人差がありますが、

ワキ5回前後、腕脚5回前後、ビキニライン7回前後、

顔10回前後の施術で満足する方が多いようです。

 

医療レーザー脱毛のメリット

医療レーザー脱毛のメリットは、早く脱毛を完了できるところ。

医療レーザー脱毛は医療機関で医師の元行うため、

強いパワーのレーザーを使用することができます。

そのため脱毛効果が高く、脱毛サロンで行われている

光脱毛よりも施術回数が少なくてすみます

その分、短い期間で脱毛を完了することも可能です。

脱毛効果が高いため、脱毛してなくなった毛は

ほぼ永久的に生えてこないと言われています。

医療機関で脱毛することのメリットは、安心できるところ。

万が一脱毛によって皮膚にトラブルが起こってしまった場合にも、

すぐに対応してもらうことができます。

必要であれば、治療や薬の処方をしてもらうこともできますよ。

 

医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛のデメリットは、

光脱毛よりも費用がかかってしまうところ。

医療保険が適用されないため、脱毛は数万単位の費用が必要になってしまいます。

レーザーを照射する時に、 輪ゴムではじいたような痛みがあるのもデメリットの一つ。 痛みは部位によっても違い、皮膚が柔らかい部分や デリケートな部分は痛みが強くなってしまいます。

メリットとデメリットを比較して、 医療レーザー脱毛を検討してみてくださいね。

関連記事続きを読む



にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
バナー

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね。

-毛穴
-, ,

Copyright© バイオ・ビューティー・ケア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.