Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

睡眠に適した環境をつくろう!

投稿日:2019-02-15 更新日:

質の高い睡眠を確保するためには、

睡眠環境を適したものにすることが大切です。

睡眠環境が整うとぐっすりと眠れるようになり、

翌日を元気に前向きに過ごせるようになります。

睡眠環境を整える方法についてご紹介します。

すぐにできることが揃っているので、是非試してみてください。

<前に戻る

 

睡眠しやすい環境をつくる

質の高い睡眠を得るためには、眠りやすい環境が必要です。

まずは、室温や湿度を調整しましょう。

室温は、16~26℃が快適に眠れると言われています。

寝具などで調節して、心地良く眠れるようにしましょう。

湿度は、加湿器などを使用して50~60%に保つようにしてください。 + 新規カテゴリーを追加

照明は就寝する1時間前から少し暗めにし、

就寝する時には点けないようにしましょう。

就寝中に灯りがほしい場合には、

光を抑えたフットライトを使用するのがオススメ。

外の灯りが気になる場合には、

遮光カーテンを使用するようにしてください。

騒音対策も大切です。

遮音テープ、遮音カーテン、遮音パネルなどの

騒音グッズも多く販売されています。

耳栓などを使用するのもオススメです。

 

リラックスできる環境をつくる

質の高い睡眠を得るためには、

心身をリラックスさせることが大切です。

そのためにも、心地良い寝具を整えるようにしましょう。

特にマットと枕は、体を支える大切なもの。

自分の体形に合ったものを選ぶようにしましょう。

リラックスできる香りを取入れるのもオススメ。

ラベンダーやカモミールは、

心身をリラックスさせて入眠する手助けをしてくれます。

自分の好きな香り、気分が落ち着く香りを選ぶのがポイントです。

 

睡眠環境を清潔に保つ

睡眠環境は、清潔に保つことが大切です。

寝室では多くの時間を過ごすことになります。

ほこりなどが溜まって空気が汚れていると、

呼吸などに悪影響を与えてしまいます。

1日に1回空気の入れ替えをして、

清潔な空気を取入れるようにしましょう。

空気清浄器などを使用するのもオススメです。,

定期的に寝室の掃除をして、

ハウスダストが溜まらないようにしてください。

寝具も定期的に洗濯などをして清潔に保ちましょう。

できればシーツはこまめに洗い、

布団は天日干しをするようにしてください。

花粉の時期など外に干せない場合には、

布団乾燥機などを活用するのがオススメです。

健康を守り睡眠の質を高めるためにも、

睡眠環境を清潔に保つようにしてください。

睡眠環境が整うと、今よりも快適に眠ることができるようになりますよ。

<前に戻る 

>続き記事を読む



にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
バナー

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね。

-健康(ヘルス)
-, ,

Copyright© バイオ・ビューティー・ケア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.