Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昼寝はする方がいい?効率的に昼寝をする方法

投稿日:2018-10-10 更新日:

効率的に昼寝をする方法

日中の昼寝は、至福を感じられるものの一つ。

 

睡魔の誘惑に負けて、うとうとしてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

質の高い睡眠を得ることは、健康な体を保つのに欠かせないものです。

 

昼寝が体に与える影響と、効率的に昼寝をする方法についてご紹介します。

 

昼間に眠くなってしまう原因は

 

昼間、特に昼食後に眠くなってしまう人が多いようです。

 

昼間に眠くなってしまう原因の一つが、日頃の睡眠の不足。

 

夜中にしっかり眠っていないと、そのつけが昼間に睡魔となって現われてしまいます。

 

しっかりと睡眠がとれているかどうかは、睡眠時間だけでは測れません。

 

睡眠の質も重要です。

 

特に、入眠してからの3時間にどれだけ熟睡できるかどうかが大切だと言われています。

 

昼食後に眠たくなってしまう原因には、血糖の変動があげられます。

 

食事をとると血糖が上昇し、上がった血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されます。

 

この血糖値が下がる時に、眠気を感じやすいと言われています。

 

血糖値が急激に下がると、より眠気を感じるようになります。

 

人間の体には睡眠をコントロールする体内時計があるのですが、体内時計の影響で、午後の早めの時間に眠くなることが多いようです。

 

昼寝が体に与える効果

 

昼間に眠気を感じたら、思い切って昼寝をするのがオススメ。

 

昼寝は効率的にすることで、体にいい影響を与えてくれるんです。

 

程よい昼寝をすることで、眠気を解消することができます。

 

眠気がなくなると、集中力や元気が回復しますよ。

 

普段睡眠が不足している場合には、昼寝をすることで睡眠不足を解消することもできます。

 

最適な昼寝をすることで、認知症などの疾患にかかりにくくなる効果も期待できるようです。

 

職業別平均睡眠時間

出典:Gigazine https://gigazine.net/gsc_news/en/20090609_job_sleep_time

 

効率的に昼寝をする方法

 

昼寝をする時には、昼寝をする時間や時間帯が重要です。

 

昼寝をするなら12時~15時の間に行い、眠る時間を30分以内に収めるようにしましょう。

 

15時以降に昼寝をしたり、30分以上昼寝をしたりしてしまうと、体内時計が乱れてしまいます。

 

そのせいで、夜に寝つけなくなったり、眠りが浅くなったりしてしまうことがあります。

 

昼寝をする前に、カフェインの入っているコーヒーなどを飲むのもオススメです。

 

カフェインをとっておくことで、昼寝からスムーズに起きることができるようになります。

 

昼寝できない時には、昼寝の代わりに、目を閉じて10分程度ゆったりと過ごすのも効果的です。

 

昼寝を効率的にとると、一日をより快適に過ごせるようになりますよ。

kayo



にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
バナー

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね。

-健康(ヘルス)
-, , , , ,

Copyright© バイオ・ビューティー・ケア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.