Ⅰ 足爪の垢や汚れを落として清潔にする方法

投稿日:2018-11-28 更新日:

足爪を清潔にする方法

足爪のケアをしていますか?

毎日足全体を洗っているけれど、足爪を注意して洗ったことがない…という方もみえるようです。

足爪をしっかりケアしないと、垢や汚れが溜まって足臭の原因となってしまいます。

足爪を清潔にする方法についてご紹介します。

 

足爪に垢や汚れが溜まってしまうのはなぜ?

気が付くと足爪に溜まっている、垢や汚れ。

足爪の間に、黒い汚れなどを発見したことのある方もみえるのではないでしょうか?

この汚れの正体は、汗、古い角質、砂、ほこりなど。

足爪の部分にある皮膚も新陳代謝を繰り返しています。

そのため、古い角質が上手に剥がれ落ちず、足爪の間に溜まってしまうことがあるんです。

足は地面に近い分、砂やほこりが付きやすくなっていることも影響しています。

雑菌は垢や汚れを好むため、足爪に垢や汚れが溜まっていると、そこに雑菌が繁殖してしまいます。

そのせいで、足臭が起こってしまいますよ。

垢や汚れが溜まっているせいで、足爪の付け根の新陳代謝が低下してしまうこともあります。

 

足爪をきれいにする洗い方

足爪を健康に保つためには、足爪とその周辺の皮膚を清潔に保つことが大切です。

そのためにも、きちんと洗って汚れを落とすようにしましょう。

足爪の汚れは、洗い流すだけやボディタオルでこするだけでは落ちません。

足爪専用のフットブラシを使用して洗うのがオススメです。

洗う前に、入浴や足浴をしておくと、皮膚や爪が柔らかくなって汚れが落ちやすくなります。

フットブラシを使う時には、皮膚や爪を傷つけないよう、力を入れ過ぎないようにしましょう。

細かい部分まで丁寧に洗うようにしてください。

フットブラシがない場合には、柔らかいタイプの歯ブラシでも代用できますよ。

 

足爪の垢や汚れを取る方法

ネイルクリーナー

足爪を洗っても垢や汚れが取れない場合には、市販されているネイルクリーナーを使用するのがオススメです。

ネイルクリーナーとは、足爪の間の垢を取るためのケアアイテムで、細い棒の先に極小さなスプーン状のものがついています。

このネイルクリーナーを使用すれば、爪の間の汚れまでしっかりと取り除くことができますよ。

ネイルクリーナーを使用する時には、やり過ぎて皮膚を傷つけないように注意してください。

ケア後には、フットクリームやハンドクリームなどを付けてくださいね。

足爪の汚れを溜めにくくするには、爪の切り方を工夫するのも効果的です。

足爪は短すぎるとサイドの生え際に汚れが溜まりやすくなるため、足爪は皮膚よりも少し長めにし、スクエアカットにするようにしましょう。

足爪のケアを丁寧に行って、足爪を清潔に保ってくださいね。

 

爪のピンク色の部分が増えるときれいに見える!

 

爪を見てみると、ピンク色をした部分と、白色をした部分があることが分かると思います。

美しい爪は、ピンク色の部分が大きくなっているんです。

美しい爪になるために、ピンク色の面積を増やしましょう。

 

美しい爪になるにはピンク色の部分が大切

美しい爪になるには、爪のピンク色の部分が多いかどうかが重要です。

ピンク色の部分は、ネイルベッド(爪床)と呼ばれています。

爪の裏側にあるハイポニキウム(爪皮)に密着していることで、爪がピンク色に見えるんです。

そのためハイポニキウムのない爪先部分は、皮膚に隙間があって爪が白色に見えてしまいます。

白色の面積が多いと、爪が深爪のように見えたり、爪が短いように見えたりしてしまいます。

爪のバランスが崩れて見えてしまうことも。

すらっとした美しい爪になるには、ピンク色の面積を増やすことが大切です。

 

どうして爪のピンク色の面積が少なくなってしまうのか

ピンク色の面積が少なくなってしまうのは、ハイポニキウムが短くなってしまうのが原因です。

ハイポニキウムは、ダメージを受けることで短くなってしまいます。

爪を噛んだり、深爪したりすると、ハイポニキウムが傷ついてしまいます。

指先を使う作業などが多いと、ハイポニキウムが疲労して短くなってしまうこともあります。

ハイポニキウムは見た目をきれいにしてくれるだけでなく、爪の間に雑菌などが入り込まないように防いでくれる働きもあります。

美しく健康な爪になるためにも、ハイポニキウムを程よく増やすようにしましょう。

 

爪のピンク色の部分を増やすケア

 

爪のお手入れをすることで、ハイポニキウムを育てることができます。

ハイポキニウムを伸ばすためには、深爪は禁物

深爪をすると、ハイポニキウムがダメージを受けて剥がれ落ちてしまいます。

爪先は、指よりも少し長めになるように整えるようにしましょう。

爪を短くする時には、爪切りではなく爪やすりで、少しずつ短くするようにしてください。

ハイポニキウムはダメージに弱いため、刺激を与えないように注意しましょう。

乾燥も刺激となってしまうため、指先や爪の周りにハンドクリームなどを塗って、保湿をするようにしてください。

強い洗剤などを、指先に付けないようにすることも大切です。

お手入れを続けていくことで、ハイポニキウムが長くなり、ピンクの面積が増えていきます。

美しい爪になると、手の印象もアップしますよ。

 

 

 



にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
バナー

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね。

-ネイルケア
-, ,

Copyright© バイオ・ビューティー・ケア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.