豆乳が美容に役立つ!豆乳の美容効果とは?

投稿日:2018-07-14 更新日:

豆乳

 

豆乳の魅力と美容効果

 

女性から人気を集めている、豆乳。

 

豆乳は少し癖のある味ですが、美容効果がたくさんあるんですよ。

 

飲み続けているうちに、癖のある味が好きになることも多いようです。

 

豆乳の魅力と美容効果についてご紹介します。

 

 

豆乳ってどんなもの?

 

豆乳とは、豆腐になる前の段階にある液体状のもの。

 

大豆を水につけてからすりつぶし、水を加えて煮詰め、そこから固形のものを取り除いたものが豆乳となります。

 

形状が牛乳に似ていますよ。

 

豆乳は製法によって、豆乳、調整豆乳、豆乳飲料と分かれています。

 

豆乳は大豆固形分8%以上、調整豆乳は大豆固形分6%以上、豆乳飲料は果実入りが大豆固形分2%以上、それ以外が4%以上のもの、と定められているんですよ。

 

大豆固形分の高いものだと、より豆乳の効果を得られるようになっています。

 

でもその分、大豆特有の味も強くなってしまいますよ。

 

豆乳の美容効果

 

大豆からできた豆乳には、美容効果がたくさんあるんですよ。

 

豆乳には良質なタンパク質がたっぷり含まれています。

タンパク質は、体の細胞を作ったり、体のエネルギーとなったりしてくれる大切なもの。

 

豆乳なら、手軽にタンパク質を摂ることができますね。

 

女性には嬉しいイソフラボンも豊富に入っています。

 

イソフラボンは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似た働きをしてくれる成分。

 

美しくなるためには、女性ホルモンの働きを整えることが欠かせません。

 

豆乳に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンを整えるのに役立ってくれますよ。

 

豆乳に含まれているサポニンには、便通を整えてくれる働きがあります。

 

便通が整うことで、美肌効果やダイエット効果も期待できそうですね。

豆乳の好意割合

豆乳のオススメの摂り方

 

健康な体を保つためには、1日に体重×1グラムのタンパク質を摂るのがいいとされています。

 

運動をしている人なら、体重×1.5~2グラムものタンパク質が必要になるようですよ。

 

イソフラボンの1日摂取量の上限は、70~75ミリグラムと言われています。

 

豆乳を摂る時には、タンパク質とイソフラボンの摂取量を意識して摂るようにするといいですね。

 

豆乳の味が苦手な場合、コーヒー、ココア、きなこなどに混ぜて飲むと飲みやすくなりますよ。

 

温めて飲むのもオススメです。

 

豆乳は温めることで、イソフラボンの吸収率が良くなると言われています。

 

豆乳飲料は味によって飲みやすくなっているため、豆乳飲料から飲み始めるのもいいですね。

 

豆乳の美容効果を活かして、きれいな体作りに役立ててくださいね。

 

摂り過ぎには注意しましょう。

kayo

 

 



にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
バナー

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね。

-美容(ケア)
-, , , , , , ,

Copyright© バイオ・ビューティー・ケア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.