糖化によるくすみを防ぐためにはどうすればいい?

投稿日:2018-12-12 更新日:

糖化を防ぐ方法

近年肌をくすませる原因と言われているのが、糖化。

糖化は体の焦げとも呼ばれるもので、肌にいろんな変化を与えてしまうんです。

肌のくすみを防ぐには、糖化を阻止することが大切。

糖化を防ぐ方法についてご紹介します。

 

糖化が起こる原因

体が焦げてしまう糖化。

よく、パンケーキが焦げる様子に例えられています。

糖化とは、過剰に摂り過ぎた糖分がタンパク質と結びつき、AGEという老化物質ができてしまうことで起こってしまいます。

AGEが肌に増えると、肌にあるタンパク質が茶褐色に変色してしまいます。

そのせいで、肌がくすんで見えるようになってしまうんです。

肌の主成分はタンパク質なため、糖化の影響を大きく受けてしまいます。

糖化が起こる一番の原因は、糖分の摂り過ぎです。

甘い物などを食べ過ぎ血糖値が一気に上がると、糖化しやすくなると言われています。

糖化はタンパク質だけでなくコラーゲンも変性させてしまうため、シワやたるみの原因ともなってしまいます。

くすみのない健康的な肌になるためには、糖化を防ぐことが大切です。

 

糖化を防ぐには?

糖化を防ぐ第一は、過剰に糖分を摂り過ぎないようにすること。

糖分は、砂糖を使用したお菓子やジュース、果物、イモ類、白米、パン、麺類などに含まれています。

食生活を見直して、糖分を摂り過ぎていないかチェックしてみましょう。

甘いお菓子や炭水化物を多く摂っている方は、少し控えめにしてみてください。

糖質は体のエネルギー源となってくれるものなので、完全に制限するのはあまりオススメしません。

自分の体形、年齢、生活習慣、食生活などを参考にして、無理のない程度から糖質を減らしてみてください。

 

甘いものが欲しくなったらどうする?

糖質を摂り過ぎるのは肌に良くないと分かっていても、糖分の入ったものが欲しくなる時があります。

そんな時には、食べ方を工夫して糖化を抑えるのがオススメです。

糖化は血糖値が急に上がると起こりやすくなるため、血糖値の上がり方を緩やかにするのが効果的。

食物繊維には血糖値の上がりを緩やかにしてくれる働きがあるため、食物繊維を摂ってから糖分を摂るのがオススメです。

よく噛んでゆっくりと食べるのも効果的。

だらだらと食べたり、食べ過ぎたりするのも控えるようにしましょう。

食後に15分間ウォーキングなどの軽い運動をすることで、血糖の上昇を抑えることができると言われています。

糖化を防ぐことで、肌のくすみを防ぐことができます。

食生活を見直して、糖分の摂り過ぎを防いでくださいね。



にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
バナー

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね。

-くすみ
-, , , , ,

Copyright© バイオ・ビューティー・ケア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.