腸内環境が整うと免疫力もアップする!

投稿日:2019-01-17 更新日:

腸内環境と免疫力には、大きな関係があると言われています。

そのため免疫力をアップしたいなら、腸内環境を整えるのが効果的です。

腸内の免疫機能を高めて、健康な体づくりに役立てましょう。

腸内環境と免疫力の関係についてご紹介します。

 

腸には免疫機能が集まっている

腸内環境が体の免疫力に大きく影響する理由は、腸にある免疫細胞のため。

腸内には、体全体にあるうちの約60~70%もの免疫機能が集まっているんです。

そのため腸内環境が乱れると、腸にある免疫細胞がきちんと働かなくなり、体全体の免疫力が低下してしまうことになります。

ウイルスや細菌など体の害となるものの多くは、口から体の中に入り込んでしまいます。

そして食道や胃を通過したウイルスが腸内にたどり着くと、腸から体の中に侵入してしまうんです。

腸はウイルスなどが入りやすい部位なため、免疫細胞が多く集まっていると言われています。

ウイルスなどを体に侵入させないためにも、腸内の免疫機能を高めることが大切です。

 

腸内環境が乱れるとどうなる?

腸には免疫機能が多く集まっているため、腸内環境が乱れると免疫力が低下してしまいます。

口から入ってくるウイルスなどに対抗する力も弱まり、ウイルスが体に侵入しやすくなってしまいます。

そのせいで、インフルエンザや胃腸風邪などの感染症にかかりやすくなってしまうんです。

腸内環境が乱れることで、下痢や便秘などに胃腸障害、肌荒れ、基礎代謝の低下などが起こりやすくなってしまうことも。

 

腸内にある悪玉菌を増やさないようにする

腸内環境が乱れてしまう原因の一つが、悪玉菌の増加。

腸内には、腸の環境を良くしてくれる善玉菌、腸の環境に悪影響を与えてしまう悪玉菌、いい影響も悪い影響も与えることのある中間菌があります。

この3つの菌が上手にバランスを取り合うことで、腸内環境を健康に保っているんです。

何らかの要因から悪玉菌が増えてしまうと、腸内環境が乱れて免疫力が低下してしまいます。

悪玉菌を増やす原因には、食生活の乱れ、生活習慣の乱れ、ストレスなどがいろいろなことが考えられます。

悪玉菌には、体に有害な物質や発がん性のある物質を増やす働きもあります。

腸内の有害物質が腸管から吸収されると、血液に入って体全身に回ってしまうことになります。

悪玉菌の増やした有害物質は、体全体の免疫力にも悪影響を与えてしまいます。

腸内環境を整えるには、悪玉菌の増加を抑えてバランスを保つことが大切です。

腸内環境を整えて、ウイルスなどに負けない体をつくりましょう。

続きを読む

 



にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
バナー

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね。

-健康(ヘルス)
-

Copyright© バイオ・ビューティー・ケア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.