Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

白髪染めにはどんな種類がある?自分で染める方法は?

投稿日:2018-12-03 更新日:

白髪染めにはどんな種類がある?

年齢とともに増えてくる、白髪。

定期的に必要な白髪染めに、うんざりしている人も多いようです。

白髪染めには、美容室で行う方法と、セルフケアで行う方法があります。

自分にぴったりの白髪染めを見つけて、白髪染めの負担を減らしましょう。

 

美容室で行う白髪染め

白髪を、美容室で染めてもらう方法があります。

美容室で染める方法には、ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘナカラーの3種類があります。

ヘアカラーは、髪の色を脱色してから、新たに色を入れるというもの。

発色がよく色落ちしないところがメリットですが、薬剤によっては髪のダメージが大きくなってしまいます。

ヘアマニキュアは、髪の表面に色のついた薬剤をコーティングするというもの。

髪へのダメージが少ないところがメリットですが、色落ちしやすいというデメリットもあります。

ヘナカラーは、ヘナの葉からできた染料を使用して白髪を染めるものです。

天然成分を使用する分、髪や頭皮へのダメージが少ないと言われています。

デメリットは、オレンジ系の色にしか染められないところです。

ヘナカラーを取り扱っていない美容室もあります。

美容室でプロに染めてもらうと、染め忘れなどがなくきれいな仕上がりになりますよ。

 

セルフケアで行う白髪染め

セルフケアで行う場合の薬剤は、ドラッグストアや通販などで手軽に購入することができます。

種類も豊富で色も多いため、自分の好みのものを選ぶことが可能です。

セルフケアで染める方法には、ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘアトリートメントの3種類があります。

ヘアカラーとヘアマニキュアは、薬剤による違いはありますが、美容室で染める方法と同じものになります。

ヘアトリートメントは、染料の入ったトリートメントを使用することで、少しずつ白髪を染めていくというもの。

手軽に利用できるところがメリットですが、色落ちする恐れがあるところがデメリットとなっています。

セルフケアで染める場合には、手間と簡単な技術が必要になります。

その分、美容室で染めるよりも費用を抑えることができますよ。

 

一時的に白髪を隠す方法

数本だけ白髪があったり、根本の白髪が少し気になったりした時に活躍してくれるのが、白髪用化粧品。

マスカラのように髪に塗ることで、白髪を一時的に隠すことができます。

白髪用化粧品はシャンプーで落ちてしまうので、少しの範囲を短時間だけ染めるのに向いています。

白髪染は定期的に行わなければならないものなので、できるだけ負担のかからないものを選ぶのがオススメです。



にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
バナー

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね。

-ヘアケア
-,

Copyright© バイオ・ビューティー・ケア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.