Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

黒くまができてしまう原因は?黒クマの対処法

投稿日:

黒クマの原因、対処法

目の下にできる、黒クマ。

 

どんどん黒クマが目立ってきている…と悩んでいる人も多いようです。

 

若々しく明るい顔になるためには、黒クマをできるだけ目立たせないようにすることが大切です。

 

黒クマの原因と対処法についてご紹介します。

 

黒クマができてしまう原因

 

黒クマができてしまう原因は、目の下のへこみ

 

目の下にへこみができてしまう原因には、目のくぼみがあります。

 

加齢などによって肌のハリと弾力が低下すると、目元の肌がたるんでへこみができてしまいます。

 

目の下の脂肪が減ったり萎縮したりすることでも、目がくぼんでへこみとなってしまいますよ。

 

目の周りにある筋肉の衰えも、目の下にへこみをつくる原因となってしまいます。

 

目の周りの筋肉が衰えると、目の下にある眼窩脂肪が突出してふくらんでしまいます。

 

そのふくらみがたるみ、その下にへこみをつくってしまうんです。

 

目の下にへこみができることで影ができると、さらに黒クマが目立ってしまいます。

 

黒クマの対処法

 

黒クマを解消するには、目の下のへこみをなくすことが大切です。

 

へこみをつくる原因となっている、目元のたるみを軽減するのが効果的。

 

それには、目元の肌にハリと弾力を与えてくれるような、化粧水や美容液などを使用するのがオススメです。

 

目元のシートパックを活用して、目の下をふっくらとさせる方法もあります。

 

目元は皮膚が薄くて乾燥しやすいので、保湿をして乾燥を防ぐことも大切です。

 

目元がむくんでいるせいで、その下のへこみが目立ってしまうこともあるので、目元のむくみを解消するようにしましょう。

 

目元の筋肉を鍛えるマッサージなどをして、目元の筋肉を鍛えることも効果的。

 

バランスのとれた食事や規則正しい生活習慣を送って、肌質を良くするのも大切です。

 

目元の皮膚はデリケートなので、優しく丁寧に扱うようにしてください。

 

クマには3種類のタイプがある

出典:STYLE HAUS https://stylehaus.jp/articles/2150/

 

医療機関を活用するのもオススメ

 

黒クマを、セルフケアで完全になくすのはなかなか困難なこと。

 

目の下にできてしまった黒クマをしっかりとなくしたい!という場合には、医療機関を活用するのがオススメ。

 

美容皮膚科や、美容整形外科などで対応してもらうことができます。

 

黒クマの状態に合わせて、ヒアルロン酸を注入したり、眼窩脂肪を取り除いたりしてもらえるようです。

 

セルフケアで改善できない頑固な黒クマが気になる場合には、一度プロに相談してみてください。

 

黒クマの悩みを解消できるかもしれませんよ。

 

黒クマを解消して、若々しい顔を手に入れてくださいね。

 

 

クマの3種類のタイプ

  1. 茶クマ
  2.  青クマ



にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村
バナー

この記事の内容が役に立ったと思ったら、SNSで記事を共有してね。

-美容(ケア)
-, , ,

Copyright© バイオ・ビューティー・ケア , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.